お子様が吐いたとき

お子様の嘔吐の原因として最も多いのは胃腸炎によるものです。

胃腸炎の場合には突然の嘔吐で始まることが多く、突然の症状に驚かれることもあると思います。

 

吐いたときはどうしても脱水が心配になりますし、

吐いた本人ものどが乾くので、飲みたがることが多いです。

しかし、そこで飲みたいだけ飲んでしまうと、結局嘔吐を繰り返し、体力を消耗していくこともよく経験します。

「朝から10回以上吐いています」と受診される方もいますが、

その多くは飲んでは吐き、飲んでは吐きを繰り返していることが多いように感じます。

 

そんな時は飲みたい、飲ませたいという気持ちをぐっと我慢して、

まずは2-3時間程度何も飲まずにお腹を休ませてあげましょう。

その後少し落ち着いたら水分の摂取から開始します。

そして、この水分摂取の始め方が重要です。

吐いた後のお腹は非常に過敏になっており、のどが渇いているからといって初めからごくごく飲んでしまうと、その刺激でまた嘔吐してしまうのです。

そのため、まずはスプーン1杯程度の量を飲み、

嘔吐しないようなら10-15分程度あけてもう一口飲む、

大丈夫そうなら、少しずつ量を増やしていくという飲み方をします。

とにかく、慌てずにゆっくりと少しずつというのを心がけましょう。

これは経口補水療法とよばれるちゃんとした治療法で、点滴と同様の効果があるといわれています。

 

飲むものとしては経口補水液と呼ばれるものが理想的です。

最近はテレビCMでも見かけますし、どこのドラッグストアでも購入できるようになってきました。

 

また、自宅でも簡単につくることが可能です。

①水(湯冷まし) 1L

②砂糖 40g(大さじ 4と1/2杯)

③塩 4g(小さじ 1/2杯)

これらを混ぜるだけで経口補水液の出来上がりです。

好みでレモン果汁などを混ぜると飲みやすくなることもあります。

 

多くの胃腸炎はこの経口補水療法が適切に行えると、点滴することなく乗り切れるといわれています。

しかし、少量を飲むだけでも嘔吐を繰り返すような場合にはやはり点滴が必要です。

そのような場合には早めに受診をするようにしましょう。